新年を迎えて気持ちを明るく保つ秘訣

私たち夫婦は結婚20年を迎えます。
その結婚生活は平々凡々ではなく、これまでに色々な出来事がありました。
中でも辛かったのは夫がパチンコで数十万円の借金を作った時、
夫の会社が倒産して厳しい転職活動が続いたとき、夫に大きな病気が見つかったときです。

 

その出来ごとの真っただ中にいる時は、不安で、もがき苦しんだものですが、
明けない夜は無いという感じで、いつのまにか時間が解決してくれました。
もちろん夫の前向きな努力が一番、大きかったと思います。

 

どん底まで落ちると人は開き直るのでしょうか。
死ぬわけじゃないから何とかなるさ。
マイナス思考の持ち主である私でも、途中からそんな思考に切り替わりました。

 

また、人は考える時間があると、余計なことまで想像して悩んでいまいます。
予定を詰め込んで忙しく動き回るくらいが何も考えずに済むので良いのかもしれません。

 

現在は夫の仕事や病気も落ち着き、穏やかな日々を過ごしています。
ですが、時々、理由もないのに無性に大きな不安感に襲われるときがあります。

 

こんなときは、とりあえず外へ出て歩きます。
太陽の日差しを浴びながらお散歩して、外の空気を吸っていると心が落ち着いてきます。

 

あとは友人や家族と会話をすことも効果がありますね。
子供たちと日常の出来事を笑いながら報告し合うことでテンションも上がります。
適度に身体を動かして、楽しい会話をすることで明るい気分になれるのです。

 

新しい年を迎えて、今年はどんな年になるのか期待や不安もありますが、
なんとかなるさの精神でたくましく生きて行きたいと思います。